【小説に使える】ためになる魔法解説

【小説に使える】今回も小説の書き方編ということで、ファンタジー小説で欠かすことのできない魔法について解説していこうと思います。

 

正直この議題を記事にするかどうかは迷ったのですが、魔法についていろいろ調べてみたいと思いましたし、少しでも小説を書く皆様に情報を提供したいので魔法についていろいろまとめていこうと思います。

 

魔法とは?

まずは魔法の定義について説明していきましょう。辞書で魔法と弾いてみると、人間の力ではなしえない不思議なことを行う術と書いてありました。つまりは超能力の一環ということでいいのでしょうか。魔法をより現実的に言うと魔術に言い換えることができます。

 

魔法の歴史

魔法は古代ギリシアの時代から存在しており、その当時はマゲイアと呼ばれていたそうです。マゲイアはペルシアの神官階級のマゴスから派生したと言われています。そのため、マゲイアはマゴイの神学という本来の意味でも使われていましたが、一部ではまじないや魔法といった意味にも使われていたのです。

中世ヨーロッパの時代になると錬金術などの魔術が誕生し、化学と同列の扱いだったといわれています。よくわからないですけど、地球上の物質すべては完全的物質になると考えられていたそうです。

 

魔法の種類

※手品と魔法は違うみたいです。

 

引用・魔術の魅力

■高等魔術
迷信的な魔術とは違い、理論的・実践的に自己実現、個性化を目指す意識制御の魔術。

■低次魔術
おまじない。魔伝書に書かれている魔術など未分化な魔術。

■錬金術
物質の変換で「他の卑金属を黄金へと変換する術」魔術を用いて「物を造る」ことである。「賢者の石」などが有名である。

■ルーン魔術
北欧に古くから伝わる、ルーン文字と呼ばれるものを使った魔術。ルーン文字1文字を象徴としてエネルギーを起こす魔術や、数文字組み合わせて使う魔術、等。

■召喚魔術
魔法円を描いて魔法円の内部に神格や天使を呼び込む術です。神人合一、聖なる守護天使との接触なども召喚魔術となります。

■喚起魔術
悪魔などを喚起する魔術の事。魔法円の外部に悪魔などを呼び出す術。「ソロモンの鍵」でも有名な術。

■魔女術
オイルやキャンドルを用いたおまじないなどや、占い、ハーブなどの生薬技術など、魔女と関連付けられる知識・技術・信仰の集合を指す。一般的に、この言葉のイメージから、魔女というのは女性であり、悪魔と契約してとんがり帽子をかぶり、箒にまたがって空を飛ぶ老婆、等を想像するが、どれも誤解である。キリスト教のいう魔女とは、男もいるし、若い女性もいる。

■混沌魔術
妖術 妖物(魔特定の人物が持つ腸の突起物のこと)から発揮される心的な力で、人の健康や財産に危害を与えるとされる。

■死霊術
既に死んでいるものの霊を呼び出し、その霊から過去や未来の出来事など、様々な情報を得る魔術。

感想

今回の記事は過去に例がないほど短いものになってしまいましたm(__)m本当に申し訳ございません。魔術についてまとめようと思ったことは正直かなり後悔しています。調べてみても正直さっぱりわからなかったですし、世界史とかなり関係があるようなのでその辺の知識が薄い自分には不向きな内容だったかもしれません。不向きというより、自分の知識量がまだまだだっただけですねm(__)m

詳しい方がいらっしゃいましたらツイッターのDMで教えてくださると嬉しいです(^▽^)/ 今のままではあまりに短すぎるので情報を受け取り次第拡張していこうかと思います。

プッシュ通知を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です