【小説に使える】世界の武術・武道紹介!

【小説に使える】シリーズということで、今回はキャラ作成に使える世界のいろいろな武術をお伝えしようかと思います。

 

【世界の武術大紹介!】

主人公最強小説ではいかにして主人公にチート性を持たせるかが勝負となってきます。主人公を異世界転生させて、元の世界の武術でチート無双。なんてのも王道的でよいのではないでしょうか(^▽^)/

 

武術と武道の違い

武道という言葉が一般的に使われるようになったのは割と最近の話で、明治以降からでした。 武道といえば空手道や柔道、合気道などがありますよね。それとは対極的に古武術や柔術などの武術も存在しています。 武術と武道は漢字こそ似ていて同じ意味を持っているように感じますが、その意味合いは少し違ったものになります。 武術とは相手の倒し方――戦闘そのものを学習し、訓練するもののことをいいます。武道とは戦闘の学習を行うとともに人間完成を目指すスポーツのことを言います。よく言われているわかりやすい見分け方としてはルールがあるかないかだそうです。武道である空手道や柔道などにはそれぞれ特別なルールがありますよね。それに比べ古武術や柔術には戦闘においての決まりごとがありません。とはいえ、どちらかに優劣をつけることはそれそのものが愚行です。私たちはどちらにもとりえがあるということを忘れてはならないのです。

 

徒手術と武器術

世界の武術の中には武器術と徒手術に分かれているものがあります。

 

武器術とは

武器術は徒手術と違い名前からその意味を察しやすいかと思います。おそらく皆さんのご想像の通りで、武器で戦う戦闘術のことです。武器は手に取るだけで素手よりもはるかに破壊力を発揮できるようになるため、武器術で学ぶことは基本的に武器での戦い方ではなく武器の扱い方を学び自滅する可能性を下げる術となっています。

徒手術

武器術では武器を持って戦うことを想定していますが、落としてしまったりどうしても武器を持つことができない状態も考えられます。そういった時に役立つのが徒手術です。徒手とは素手のことを現しており、武器を使えない最悪の状態から脱出することを前提に作られいます。そのため一撃の殺傷能力を高めることに力を注ぐことが多く、体の構造を学びよりうまく身体を利用していきます。

 

兵法とは

武術によっては取り入れている場合のある兵法ですが、その実態はあまり知られていなかったりするのではないでしょうか。 兵法は幅広い意味を持っていますが、武術的な意味合いとしては古代の戦争で用いられた軍学のことをいいます。日本では中国兵法と数々の宗教が合わさり独自の兵法が作り上げられました。中国の兵法で有名なものは孫氏兵法や呉子兵法,司馬法などがあります。

 

世界の武術・武道紹介

截拳道

截拳道はジークンドーと読むブルース・リーによってつくられた武道です。 ブルース・リーは幼少期にカンフーを学んでいたため、そのカンフーの技をもとにレスリングやボクシング、サバットなどの幅広い武道や武術、格闘技を用いて作られました。 ジークンドーはJKDとも書くことがあり、相手に最短距離で近づき最短で直付きの突きを繰り出します。

カプ・クイアルア

カプ・クイアルアとはハワイの伝統的な武術で古武術に分類されています。基本的には武器術を中心に教えられますが、武器を手にできない状態も想定して徒手術も教えられるそうです。 カプ・クイアルアの徒手術は打撃、関節技、投げ技を含んだ万能で総合的なものになっています。兵法としては会場で戦うことを想定していて、会場で行動しながら槍を受け取る練習などを日々行っているそうです。今ではマッサージなんかも修行のうちの一環に取り入れられているようです。

 

 

柔術

柔術にはたくさんの流派があり一概にはこれだ! と宣言することができないのですが、基本的に相手を投げ小さい武器を用いて殺傷する武術です。嘉納治五郎によってたくさんの技がまとめられ、人間的成長を狙いに建物がのちの柔道となります。 柔術は戦国時代のころから人を捕らえるための捕手などで使われていました。ちなみに、柔術とひとことで言った場合、日本古来の柔術ではなく柔道から派生して生まれたブラジリアン柔術を指し示すこともあるそうです。ブラジリアン柔術は日本の柔道家がブラジルに移民した際にプロレスラーとしての経験から習得した技や柔道の技術を現地民に伝え、改変したことによって出来上がった柔術です。ブラジルではかなり盛んにおこなわれており、護身用と格闘技の両面を持っています。

 

 

琉球古武術

沖縄は古来より那覇と首里の士族を中心に武器術の研究が進められていました。琉球古武術は基本武器術専門ですが、存在している技の中には徒手術も数多く含まれておりそれらの多くは空手として引き継がれています。沖縄空手に登場する型の多くには型の分解と呼ばれるものが存在しており、型は技を後世へ受け継ぐ役目を果たしています。多くの空手道では型は踊りや表現と認識されていますが、それは本来の型としての役割をなしておらず競技化にともなって変化したものだと考えられます。 全ての組み手には『捌き』という動作が含まれており、直好きでついてきた相手の攻撃を正中線をずらしながら相手の死角方向に回り込み、対戦相手よりも優位な位置づけを取っていきます。そのため、戦闘においての場所取りを得意としています。徒手術には打撃技、関節技、投げ技に分かれており万能な武術になっています。

 

 

システマ

これは現代の近接格闘術に分類される武術です。ロシアでは軍隊用の技として使用されています。近接格闘術に共通する特徴として武術の経験がない人でもすぐに会得できるようになっています。その使い勝手の良さと高めの殺傷能力から軍隊格闘術の枠を超え、ロシア連邦保安ちょやロシアの特殊部隊などでも使われています。

 

 

ムエタイ

ムエタイは非常にキックボクシングに似たスポーツで、タイでは国技に見なされている。 ムエタイはタイの国技であるうえ、ギャンブル競技でもあるため八百長のととりしまりには特に厳しく、時には法律によって捌かれるのだそうです。

 

 

感想

今回も武術についてまとめてみました。 世界の武術と一概に言ってもやはり戦争は時代によって変化しますので現代の武術と古代の武術とでは大きな差があるみたいですね(^▽^)/ 今回もいつものように小説に使えるをモットーに記事を書いています。かなりひろくあさくな記事となっていますが、少しでも興味をもったのでしたらさらに深く調べてみると面白いかと思います。

プッシュ通知を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です