おすすめweb小説紹介サイトラノプロ『ノブリス・オブリージュ~引きこもり令嬢が何故聖女と呼ばれたか――マグネット!』

《作品タイトル》

ノブリス・オブリージュ~引きこもり令嬢が何故聖女と呼ばれたか

《作品情報》

作者“剥製ありす

作者のマイページ

作者のツイッター

 

 

あらすじ

―――どうかされましたか、アリス様
―――ううん。どんな世界でも、人って変わらないなぁ、って

一般市民を奴隷労働させつつ、餓死、或いは過労死させて増えすぎた人口を抑制する、なんてブラックすぎる近未来社会で野垂れ死んだとある男は、何の因果か異世界で貴族の少女として生まれ変わった。
どうやらこの世界ではお金の多さではなく魔力の有無が身分を決めるらしく、前世では被支配者階級だった自分は今世では支配者階級のようだ。
やたら美人なメイドさんに世話をされながら自由気ままで満ち足りた生活を送る日々。働かなくても毎日ご飯が食べられる素晴らしい日常を彼、いや彼女は甘んじて受け入れた。

けれどそんなある日。気まぐれに街へ遊びに繰り出した彼女は、魔力を持たぬ者―――“庶民”と呼ばれる人々の姿を目にする。ぼろぼろの体にムチを打ち、睡眠時間を削ってまで日夜仕事に精を出す。まるで家畜のような生活。
そしてそれは、何処か見覚えのある光景で―――

ジャンル

ハイファンタジー

キーワード

勘違い 成り上がり 貴族令嬢 聖女

 

《感想》

この作品は、他の異世界転生モノとは明らかに違う点が1つあります。それがこの作品の最大の魅力だと私は考えます。最大の魅力、すなわち決定的な違いとは何か。それは、異世界転生する前の世界が、私達の未来を描いていることです。それも明るく、イメージの未来ではありません。エネルギー不足で荒廃した、このままのペースでエネルギーを使っていれば十分にあり得る未来です。その未来は階級制度があり、エネルギーを自給自足しなければならないと言う最悪の未来です。そこで主人公は呆気なく死に、異世界転生します。異世界転生モノとしても十分に素晴らしい作品ですが、私はこの転生前の設定を思いついた作者様を、心より敬意を払いたいと思います。ここまでリアルな世界からの異世界転生は、他にないでしょう。これを思いついた作者様は天才だと、私はそう思います。そんなリアルな未来を描いていて、嫌な気分になるかもしれませんが、ご安心下さい。転生後はユーモア溢れる異世界生活の物語が展開されます! ユニークに、かつ現実を見据えたこの作品は、現実について考えされつつも、物語を楽しむことが出来ます。ですから、是非とも一度お読みになってください! この作品の魅力に魅了され、最新話が楽しみになるでしょう。

管理者のツイッター
バミトントン 管理者のツイキャス
バミトントン ツイキャスでは時に小説関係のお話を。時にくだらない羽目外しな企画を行っていきます。

プッシュ通知を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です