【ラノベ】出版するならどこがいい? ライトノベルレーベルを一気に紹介!

 

一般の本が発売されるような一般レーベルが存在しているのと同じく、ライトノベルにもライトノベルを専門に扱うライトノベルレーベルが存在しています。
今回はそんなライトノベルレーベルについてまとめていこうかなと思います。

 

2017年ライトノベルランキング

  • 1位 ソードアート・オンライン (電撃文庫)
  • 2位 この素晴らしい世界に祝福を! (角川スニーカー文庫)
  • 3位 Re:ゼロから始める異世界生活  (MF文庫J)
  • 4位 魔法科高校の劣等生  (電撃文庫)
  • 5位 ようこそ実力至上主義の教室へ  (MF文庫J)
  • 6位 小説 君の名は。  (角川文庫)
  • 7位 エロマンガ先生 (電撃文庫)
  • 8位 ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (富士見ファンタジア文庫)
  • 9位 オーバーロード (エンターブレイン)
  • 10位 幼女戦記 (エンターブレイン)

 

ライトノベルレーベル紹介

 

電撃文庫

会社 : 株式会社KADOKAWA
公式サイト : 電撃文庫
新人賞 : 電撃大賞

国内最大級の売り上げを毎年のようにたたき出している超大手レーベルです。このサイトを見ている人なら知らない人はいないでしょう。
電撃文庫は電撃組というシステムを導入していまして、売り上げの良い書店を電撃組として登録しています。電撃組は優先で新刊が振り分けられ、電撃組以外の書店では基本的に初回配本が『0』なのだとか。
ラノベ界で絶対的な強さを誇る電撃文庫ですから、電撃組に入っている状態とそうでない状態では売り上げが月と鼈なんだそうです。

代表作

  • ソードアートオンライン
  • 魔法科高校の劣等生
  • とある魔術の禁書目録
  • エロマンガ先生

角川スニーカー文庫

会社 : 株式会社KADOKAWA
公式サイト : ザ・スニーカーWEB
新人賞 : スニーカー大賞

スニーカー文庫は元少年向けレーベルで、スニーカー大賞においての大賞の出現率の低さで有名な文庫です。現在のライトノベルレーベルでは三大レーベルの一つに組み込まれています。
基本的にはSFものとファンタジー物を得意としたレーベルで、ロードス島戦記をはじめとする数々の有名作を世に送り出してきました。

代表作

  • 涼宮ハルヒシリーズ
  • ロードス島戦記
  • マクロスシリーズ

 

MF文庫J

会社 : 株式会社KADOKAWA
公式サイト : MF文庫Jオフィシャルウェブサイト
新人賞 : MF文庫Jライトノベル新人賞

萌え、エロ、笑いを売りにしており、ライトノベル業界最上級の萌えを我々に与えてくれているような気がします(笑)

メディアミックス化も非常に多く、最近になってさらに勢いを伸ばしつつあるライトノベルレーベルです。

MF文庫JはMF文庫のサブレーベルで主に外国の作品翻訳を行ってきたMF文庫とは対照的な関係にあります。
日本独自の作品を販売するMF文庫JではJapanのJを取ってMF文庫Jと名づけられました。

代表作

  • Re:ゼロから始める異世界生活
  • ようこそ実力至上主義の教室へ
  • エイルンラストコード
  • ノーゲームノーライフ

 

富士見ファンタジア文庫

会社 : 株式会社KADOKAWA
公式サイト : 富士見書房
新人賞 : ファンタジア大賞

もともとファンタジア文庫は中高年をメインに作られたレーベルで、その名の通りファンタジー作品製作に力を注いてきました。1989年に刊行されたスレイヤーズ! は爆発的なヒットを記録し、ファンタジア文庫はライトノベル業界の絶対的トップの座を獲得します。その後2000年に入ってからは電撃文庫やスニーカー文庫の勢いに押され始めるものの現在も、電撃文庫、スニーカー文庫と並んで日本三大ラノベレーベルの一つとなっています。

代表作

  • スレイヤーズ!
  • 甘城ブリリアントパーク
  • ゲーマーズ!
  • フルメタルパニック

 

アルファライト文庫

会社 : アルファポリス+星雲社
公式サイト : アルファライト文庫

剣と魔法の世界を得意としたレーベルでアルファポリスにより作られました。女性向け以外の本を出版することになっており、小説家になろうなどのweb小説原作の作品を書籍化することが多いです。

代表作

  • ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
  • 魔拳のデイドリーマー

ヒーロー文庫

会社 : 主婦の友社
公式サイト : ヒーロー文庫

これはweb小説を書籍化するために生まれた少し特殊なレーベルです。
重版率100パーセントを売り文句にしています。
基本素人出のなろう作家を対象にしているため、印税率が低めなのは欠点ですよね。

代表作

  • ナイツ&マジック

 

ガガガ文庫

会社 : 小学館
公式サイト : ガガガ文庫
新人賞 : 小学館ライトノベル大賞

作られた当初から新しいことに挑戦する姿勢を示している少し珍しい文庫です。
最初のころこそあまり知名度がありませんでした、『人類は衰退しました』などの人気作品の出現に伴いその知名度は徐々に上がっていきました。跳躍シリーズでも有名のレーベルですよね。

代表作

  • やはり俺の青春ラブコメは間違っている
  • 人類は衰退しました
  • 神のみぞ知る世界

感想

いろいろなレーベルを紹介してきましたが、自分の目標となるレーベルを見つけることができたでしょうか。読んでもらえばわかるように各レーベルにはそれぞれのカラーがあります。そのカラーに合わせて新人賞の傾向なども現れてきますから、もしかすると自分に合ったレーベル探しというのも重要な作業なのかもしれませんm(__)m
この記事に少しでも今日を持っていただけたのなら下の購読ボタンを教えてくださると嬉しいです(^▽^)/

 

プッシュ通知を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です