【萌え!】ヒロインにおすすめの属性10選!

【小説に使える】シリーズということで今回はプロット製作段階で使えるヒロインの属性についてまとめていこうかと思います(^▽^)/

ヒロイン――それは我々に萌えを提供してくれる一コンテンツであり、物語の未来を大きく左右する存在です。ヒロインのキャラ完成度によって小説の人気が決まるといっても過言ではないのではないでしょうか。←少し言いすぎですねw 多少はある、という程度にとらえていただけると嬉しいですm(__)m

ということでそんなヒロインのキャラ作成に重要な属性を今回の記事で少しでもお伝え出来たらうれしいです( ^)o(^ )

属性とは

これはある事柄に対する性質を表す言葉ですが、今回の場合は小説のヒロインにスポットライトを当てて記事を書いていきたいと思います。
その場合の意味合いとしては、萌え文化が根付いている日本では無数のキャラクターが存在しています。それを分類分けできる定義づけのこととなります。

 

ヒロインの属性一覧

ボウデレ

知名度 :★☆☆☆☆
描写の難易度 : ★★★☆☆
危険度 : ★★★★★

 

皆さんはツンデレをご存知でしょうか。彼女たちは緊張したり、デレたりするとそれを言葉で必死に隠そうとするわけですが、基本的にはこのボウデレも同じ感じです。
ただ一点だけ決定的に違う点がございます。それは
口より先に手が出る
という点です。
ボウデレは自分が照れていることを隠すために主人公のことを殴ります。正直ギャグ小説に特化したキャラというイメージが管理人にはありますね(笑)

 

僕っ子

知名度 :★★★★☆
描写の難易度 : ★★★☆☆
危険性 : ★☆☆☆☆

 

基本的に一人称が僕で、女性らしさに少し抵抗のあるキャラクターが多いです。ボーイッシュで明るい性格の子が多いですが、そのほとんどは少し変わっているタイプが多いような気がします。
一人称が『俺』ではなく『僕』であるため極度に男らしくなるわけでもなく、女の子らしい可愛らしさを残したままエネルギッシュなキャラを作り上げることができます
常人ではありえないような行動をとることが多いため、描写の難易度は少し高めに設定しておきました。

 

中二病

知名度 : ★★★☆☆
描写の難易度 : ★★★★★
危険性 : ★★★☆☆

 

これは僕っ子とは比較にならないほど個性豊かなキャラが完成します。
スポコン物の主要人物としては少し向かない気もしますね(;’∀’)
これはヒロイン自身にはなんの能力もないのに、ヒロイン自身が自分は特別だと信じ込んでしまっているキャラのことを言います。そのため多少人を選ぶ属性なのかもしれません。下手に個性を出しすぎてしまえばドン引きもあり得るかも……。
ですが、作者の実力次第でとても魅力的なキャラクターに仕上げることができます。その匙加減の難しさから描写の難易度は星5つに設定させていただきました。

 

ダンデレ

知名度 : ★★★☆☆
描写の難易度 : ★★★★☆
危険性 : ★☆☆☆☆

 

物静かなダンマリキャラが突然デレる。略してダンデレとなるわけですね。
あまりダンデレという言葉で表すことは少ないかもですが、実際作品のキャラクターとしてはかなり使われているのではないでしょうか。
管理人が思うに一人称視点の小説では主人公の推測によってそのキャラクターが何を考えているかなどを書き表すことができますが、三人称視点では神様視点でない限りそれができないため書き手の腕前によってキャラの魅力が大きく変わってくるんじゃないでしょうか。

 

ツンデレ

知名度 : ★★★★★
描写の難易度 : ★☆☆☆☆
危険性 : ★★★☆☆

 

現実ではあまり確認できない属性ですが、知名度がぶっちぎりに高いですよね(笑)
普段はつんつんしているのにある特定の条件を満たしたときにデレを発揮するというよく考えるとかなり特殊なキャラです。プライドが高めな性格の子が多いのか自分の心に素直になれずついつい一言余計につけてしまいます
「明日暇?」
と聞けばいいものを
「明日暇? なんとなく聞いてみた」
などと余計な一言をつけて自分の気持ちを悟られないようにごまかすことが特徴でしょう。
ただ、相当鈍感な主人公にしか通用しない属性かもしれないですね(笑)

 

ハジデレ

知名度 : ★★☆☆☆
描写の難易度 : ★★★☆☆
危険性 : ★★☆☆☆

 

ハジデレは情人の領域を超えてシャイな性格をしていることが多く、翰林は声の針があまりないようなイメージを持っています。ダンデレと少しかぶるところがあるのかもしれませんが、ダンデレよりもはるかにシャイな性格をしており弱弱しくも可愛らしい女の子を表現しやすいかもしれません。
その個性を発揮させるためには特別なイベントなどを発生させなくてはいけないため描写の難易度は少し高めに設定しました。

 

知名度 : ★★★★★
描写の難易度 : ★☆☆☆☆
危険性 : ★★★☆☆

 

これはいくつかの部類分けることができる幅広い属性です。

単純に妹属性と言っても妹がみんな似たような性格をしているわけではないですよね。
主人公の性格に合った妹キャラを探し出してみましょう(^▽^)/

 

クーデレ

知名度 : ★★☆☆☆
描写の難易度 : ★★☆☆☆
危険性 : ★☆☆☆☆

 

これは基本的に無口で無表情なキャラです。ですが、たいていの作品では主人公にだけ心を開いており時折わずかな表情を見せることがあります。
ダンデレとかなりかぶっているところがありますが、シャイだからしゃべれないわけではなくそもそも会話を必要としていないか、コミュニケーションの方法がわからないというタイプが多いと思います。
おそらくどんな世界観にでも適応してくれる心強いヒロインだと思いますが、これも作者の実力によってキャラクターの魅力が大きく変わってくるのではないでしょうか。

 

ニセトシ

知名度 : ★★★☆☆
描写の難易度 : ★☆☆☆☆
危険性 : ★☆☆☆☆

 

よくネットなどで言われている通称は「ロリババァ」。
外見は小学生レベルでも実年齢が600歳を超えていたりするあれです。現実世界日常ものでは絶対に組み込むことのできない属性ですよね(笑)
属性がすでにぶっ飛んでいることを利用して個性的な設定を盛り込むことができるのが利点ではないでしょうか。有名な例では物語シリーズの忍野忍さんなどがいますね(o^―^o)ニコ

 

お嬢様

知名度 : ★★★★☆
描写の難易度 : ★★☆☆☆
危険性 : ★★★☆☆

 

これは少し独特なしゃべり口調が有名な属性なのではないでしょうか。

通常の人とは違う育ち方をしているため、言動や行動、知識などがいろいろとおかしいキャラが多いです。付け加える設定によってはどんな世界観にも対応できるであろう属性なのではないでしょうか。
ただ、真にお嬢様であることをアピールするためには特殊なイベントを用意しなくては行けないため描写難易度は少し高めに設定しました。
それと、あまりにお金持ちすぎて何をするかわからないキャラだとも思うので危険性も高めです(笑)

感想

今回は数ある属性の中でもヒロインの属性として使いやすいものをまとめてきたつもりなのですがどうだったでしょうか。
どの属性を見てみてもやはり作者様の実力によってその完成度は大きく変わってきますので、最終的には皆さんの力ということになります。ですので流行に沿ったキャラを作るよりも自分が得意としているキャラクターを作成していくことがなんだかんだ重要なのではないでしょうか(^▽^)/

 

 

 

プッシュ通知を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です