【必見!】意外と知らない!? 推理小説の基礎ルール『チャンドラーの九命題』 『ノックスの十戒』『ヴァン・ダインの二十則』

【小説に使える】シリーズということで、今回は意外と知らない推理小説のルールについてまとめていこうかと思います。※必ずしも守らなければいけないものではありませんが、ここではこのことをルールと現していますm(__)m

実は推理小説には最低限守らなければいけないルールというものがあったりします。別に必ず守らなければいけないというものではないですが、先人が見つだした効率の良い推理小説の書き方ということですので、覚えておいて損はないでしょう。

 

推理小説とは

基本的には謎ときに重点を置いた小説のことを指して言いますが、犯罪が謎の中心に置かれる犯罪小説や架空の犯罪を物語の登場人物によって解決させる探偵小説などいくつかの幅広い類型を含みます。

 

 

推理小説の三大ルール

ノックスの十戒

1928年にロナルド・ノックによって発表された推理小説を書くためにルールです。
ただ、ノックスの十戒を逆手にとってトリックを作り出している作品も多く存在しています。

 

ノックスの十戒の内容

  1. 犯人は物語の始めに登場していなければならない
  2. 探偵方法に超自然能力を用いてはならない
  3. 犯行現場に秘密の抜け穴・通路が2つ以上あってはならない
  4. .未発見の毒薬や、難解な科学的説明を要する機械を犯行に用いてはならない
  5. 並外れた身体能力を持つ怪人を登場させてはならない
  6. 探偵は、偶然や第六感によって事件を解決してはならない
  7. 変装して登場人物を騙す場合を除き、探偵自身が犯人であってはならない
  8. 探偵は、読者に提示していない手がかりによって解決してはならない
  9. “ワトスン役”は自分の判断をすべて読者に知らせなくてはならない
  10. 双子や変装による一人二役はあらかじめ読者に知らせなければならない 
 引用 : 探偵小説十戒

見ていただければわかるのですが、ノックスの十戒は物語中で起こる犯罪をより現実的なものにするためのルールです。
一般小説では超能力殺人は禁止だと思いますが、ライトノベルであればある程度は許されるような気もします。その場合そもそも推理小説ではなくサイエンスフィクション小説になるのかもしれないですが(笑)

 

 

ロナルド・ノックス代表作

  • 陸橋殺人事件
  • サイロの死体
  • 三つの栓
  • まだ死んでいる
  • 密室の行者

 

ヴァン・ダインのニ十則

S・S・ヴァン・ダインが1928年にアメリカンマガジンに掲載した推理小説を書くための二十則です。これもノックスの十戒同様非常に有名な規則でありますが、あえて破って作り出すトリックも存在しています。

 

ヴァン・ダインのニ十則の内容

  1. 事件の謎を解く手がかりは、すべて明白に記述されていなくてはならない
  2. 作中の人物が仕掛けるトリック以外に、作者が読者をペテンにかけるような記述をしてはいけない
  3. 不必要なラブロマンスを付け加えて知的な物語の展開を混乱させてはいけない
  4. 探偵自身、あるいは捜査員の一人が突然犯人に急変してはいけない
  5. 論理的な推理によって犯人を決定しなければならない。偶然や暗合、動機のない自供によって事件を解決してはいけない
  6. 探偵小説には、必ず探偵役が登場して、その人物の捜査と一貫した推理によって事件を解決しなければならない
  7. 長編小説には死体が絶対に必要である。殺人より軽い犯罪では読者の興味を持続できない
  8. 占いや心霊術、読心術などで犯罪の真相を告げてはならない
  9. 探偵役は一人が望ましい。ひとつの事件に複数の探偵が協力し合って解決するのは推理の脈絡を分断するばかりでなく、読者に対して公平を欠く
  10. 犯人は物語の中で重要な役を演ずる人物でなくてはならない
  11. 端役の使用人等を犯人にするのは安易な解決策である。その程度の人物が犯す犯罪ならわざわざ本に書くほどの事はない
  12. いくつ殺人事件があっても、真の犯人は一人でなければならない。但し端役の共犯者がいてもよい
  13. 冒険小説やスパイ小説なら構わないが、探偵小説では秘密結社やマフィアなどの組織に属する人物を犯人にしてはいけない。彼らは非合法な組織の保護を受けられるのでアンフェアである
  14. 殺人の方法と、それを探偵する手段は合理的で、しかも科学的であること。空想科学的であってはいけない。例えば毒殺の場合なら、未知の毒物を使ってはいけない
  15. 事件の真相を説く手がかりは、最後の章で探偵が犯人を指摘する前に、作者がスポーツマンシップと誠実さをもって、全て読者に提示しておかなければならない
  16. 余計な情景描写や、脇道に逸れた文学的な饒舌は省くべきである
  17. プロの犯罪者を犯人にするのは避けること。それらは警察が日ごろ取り扱う仕事である真に魅力ある犯罪はアマチュアによって行われる
  18. 事件の結末を事故死や自殺で片付けてはいけない
  19. 犯罪の動機は個人的なものが良い。国際的な陰謀や政治的な動機はスパイ小説に属する
  20. 自尊心のある作家なら、次のような手法は避けるべきである。

  これらは既に使い古された陳腐なものである

・犯行現場に残されたタバコの吸殻と、容疑者が吸っているタバコを比べて犯人を決める
・インチキな降霊術で犯人を脅して自供させる
・指紋の偽造トリック
・替え玉によるアリバイ工作
・番犬が吠えなかったので、犯人はその犬に馴染みのあるものだったとわかる
・双子の替え玉トリック
・皮下注射や即死する毒薬の使用
・警官が踏み込んだ後での密室殺人
・言葉の連想テストで犯人を指摘すること
・土壇場で探偵があっさり暗号を解読して、事件の謎を解く

こうしてみるとノックスの十戒と重なっているものがかなり多いですよね。実は管理人はヴァンダインの二十則に作品そのものを安定して完成させられる方法というようなイメージを持っています。皆さんはこの二十則を読んで何を感じたでしょうか(^▽^)/

 

ヴァンダインの代表作

  • ベンソン家の悲劇
  • グリイン家の悲劇
  • 僧正殺人事件
  • カブト虫殺人事件

 

チャンドラーの九命題

アメリカの小説家レイモンド・ソーントン・チャンドラーが本格推理小説のために作りだした基本ルール。これも必ずしも守らなければいけないものではないですが、守るべきだといわれています。

 

チャンドラーの九命題の内容

  1. 事件の状況や結末には、読者を納得させられる理由を付けなければならない。 
  2. 殺人および捜査方法に技術的なミスは許されない。 
  3. 登場人物や作品の枠組み、雰囲気は現実的にする事。 
  4. 筋書きには精密さと面白さが必要である。 
  5. 物語の構造は読者に分かりやすい単純な物が望ましい。 
  6. 事件は必ず現実的に解決されなければならない。 
  7. テーマは謎解きか暴力的冒険談のどちらか一つにする事。 
  8. 犯人は物語終了時までに罰を受けなければならない。 
  9. 作者は読者に対して情報を隠してはならない。 

読んでみたらわかるようにチャンドラーの九命題は『ノックスの十戒』や『ヴァンダインの二十則』と比べて少し緩くなっています。
これはより面白い小説を書くことに重点を置いているからです。

レイモンド・チャンドラーの代表作

  • 大いなる眠り
  • さらば愛しき女よ
  • 高い窓
  • プレイバック

感想

今日紹介させていただいた一連の推理小説のルールと呼んでいたいものはどれも必ず守らなければいけないというものではありません。これは冒頭でも述べたと思いますが、大事なことなのでもう一度言いました。
やはり推理小説という分野は少し独特な分野ですよね(笑) 一作かきあげるだけで大量の時間が奪われそうです。

ぜひみなさんも推理小説挑戦してみてはどうでしょうか。難易度が高すぎる故になにか良い発見があるかもしれないですよ(^▽^)/

 

プッシュ通知を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です