『こんなクソな世界に生きるわけ。――小説家になろう』おすすめweb小説紹介サイトラノプロ

《作品タイトル》

こんなクソな世界に生きるわけ。

《作品情報》

作者“”ちゃんてつ/後村 康平

作者のマイページ

作者のツイッター

あらすじ

トイレのドアを開けたらまさかのそこは異世界。

異世界召喚させられた、社会人2年目ブラック企業に勤める社畜の青木郁人。

特にそれといった所持していた物もなければ、これといった異世界の祝福も、ろくに貰ってはいない。ただコミュニケーション能力は少しはあるが、女性に対する免疫はほぼ皆無の童貞。

「まったく、うちの会社並みにクソだな。
この世界。」

社畜ライフを送っていた青木郁人。
彼はこの新しい世界。
異世界で一体どのようにして生きていくのだろうか。

ジャンル

ハイファンタジー〔ファンタジー〕

キーワード

異世界転移  オリジナル戦記 冒険 魔法 チート? 男主人公 異世界召喚

掲載日  

2017年 10月22日 10時38分

 

《第一話特別掲載》

俺は思う。

人は何のために頑張るのだろうか…

大切な人のため。

幸福を得るため。

自分のため。

といった答えがあらかただろう。

じゃあ逆に聞こう。

大切な人がいなかったら?

幸福がこなかったら?てか、幸福ってそもそも何?

自分のためじゃなく、会社のためだと気づいたら?

だから、俺は思う。

人は何のために頑張るのだろうか。

 薄っぺらい表面だけの事だけで頑張れるのだったら、どんなに単純な生き物なんだと。

だから、俺は思う。

もう頑張れないと。

社会は理不尽と偽りと偽善者しかいない。

正直言ってクソだ。

才能がありすぎたら疎まれ過ぎて除外され、自分に都合が悪い事が起きたら聞いてないと言い張る。成果を出しても手柄は持っていかれ、評価はされない。世間は休日でも、お構い無しの仕事。

そんなクソ社会を象徴する言葉がある。

           『社畜』

意味など知っていると思うが、一応言っておこう。

社畜とは?

 主に日本で、社員として勤めている会社に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化した賃金労働者の状態を揶揄したものである。

 素晴らしい言葉だと思う。

 まさしく、その通りだ。

 見事なまでに会社に飼い慣らさせている。

 そんなにクソだったら辞めればいいじゃないか!と、思うがそう簡単にははいかないのが社会だ。

 だいたい、そんな簡単辞められたら、この社会は成り立ってないと思う。

 この世の中には自由に生きている人がいるが、必ずその犠牲になっている人が絶対にいる。

『自由を得るためには何らかの犠牲はいる』

そんな言葉があるほど、その犠牲も存在する。

そして、俺はその犠牲者の方だ。

 まだ、こうして自分の意志を放棄してないと思うから完全なる社畜になってないと思うが、もう時間の問題となっているのを自覚している。

結論、何故こんなクソな世界に生きるわけがわからない。

「はぁ…疲れた。…帰るか。」

 今日の仕事がやっと終わり、PCの電源を切って、自分のデスクから正面にある壁にかけられている時計で時間を確認する。時計の針はちょうど2時を指していた。

 なんだ、まだ25時か。昨日より1時間速いじゃねーか。

と思いつつ、テキパキと帰る準備をした。

ちょっとトイレをしたくなって椅子から立ち上がりトイレの方へと行った。

ええっと、明日は資料作成と打ち合わせと…。

ん…?

ちょっとまて。

俺はなに考えているだ。

やっと仕事が終わったのにもう、仕事のことを考えいるとか、仕事に追われ過ぎるだろ。

 そんなことを考えながら、オフィスを出て会議室の隣にあるトイレへ行くため廊下へといった。

 もうこんな時間であって廊下の照明と今さっきまでいたオフィスの照明の光しかなく、どことなく寂しさがあった。

当たり前のことだが、今、会社にいるのは俺しかいない。

 もういっそのこと異世界転生とかしないかな…。

 …流石にいくらなんでもないだろ。はぁ…。

など考えながらトイレのドアノブに手をかけて、ドアノブを引いた。

一瞬とてつもない光が差し込んだが、一瞬だったため気のせいかと思って正面を見た。

「は?」

目を疑った。

 ついに目までもイカれてしまったのか。そうだ。そうに違いない。いや、そうしかないだろ。こんなこと絶対にあるわけないんだから。

だって…。

だって…。

だって…。

「こんにちは!私は、リュシル。あなたのお名前は?」

 白を基調とした可憐なるドレスを身にまとい、透き通るような声とロングの白髪がとてもお似合いな顔立ちをしている、美少女がこうして目の前に立っているのだから…。

ここがどこで、彼女が何者でどうしてこうなったのか。

偶然なのか、それとも奇跡なのか、はたまた運命のイタズラだったのか。

 青木郁人という人物の人生の歯車が大きく狂い始める、原因となる歯車が今、動き始めた—————。

《感想》

以前この作家様には小説依頼を頼まれて紹介記事を書いたことがあったのですが、その時に管理人が読んだものは処女作でした。

そのためちゃんてつさんがどれだけの成長を遂げてきたのかが手に取るようにわかるのです.

正直とんでもないほどの学習を詰んできているなと驚かされました。

序盤こそ調子が出なかったのか多少いびつな文章が多かったりしますが、それも中盤になれば減少し、テンポよく物語がすすめられています。

テンポがよいからかギャグもなかなかの鋭さを持っており、見ていて明るくなる作風をしていました(o^―^o)ニコ

よくできた作品ですのでぜひご一読お願いします(^▽^)/

 

管理者のツイッター
バミトントン 管理者のツイキャス
バミトントン ツイキャスでは時に小説関係のお話を。時にくだらない羽目外しな企画を行っていきます。

プッシュ通知を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です