『多重人格者が異世界転移したら1人増えました あれ、お前魔王じゃね?――小説家になろう』おすすめweb小説紹介サイトラノプロ

web小説紹介

《作品タイトル》

多重人格者が異世界転移したら1人増えました あれ、お前魔王じゃね?

《作品情報》

作者“くろこん

作者のマイページ

作者のツイッター

 

 

あらすじ

おはよう!とばかりに黒塗りの高級車に激突…いやいや!乗用車にはねられてしまった松岡輝赤[マツオカキセキ]は、まさかの異世界転移?!そして僕たち「「多重人格者」」です!天才、モテ男、ヤンキー、幼女、やばすぎる「「僕達」」の暴走は誰にも止められない?!

しかもそんな問題児達の中に魔王様も参戦?!なんか力も強くなってしまった?!

個性的な「俺」「私」「儂」「僕」そして…「我?!」の痛快ノンストップコメディファンタジー!

毎日投稿継続中!最新の話を見逃すな!

シリアスもあるよ(`・ω・´)キリッ

「毎日投稿継続中」!!!処女作です

感想全て返信させて頂きます、お待ちしてます

ジャンル

ローファンタジー〔ファンタジー〕

キーワード

異世界転移  オリジナル戦記 日常 冒険 チート ギャグ シリアス 男主人公 西洋 中世 ダンジョン 多重人格 OVL大賞5 HJ大賞2018

掲載日  

2018年 04月23日 07時21分

《第一話特別掲載》  

第0章 人物紹介

松岡輝赤(マツオカキセキ]

16歳

愛称キセキ、この本編の主人公にして多重人格者…と言ってもこの作品はフィクションのため都合の悪い症状は全て取り払われている。

残念ながら100部を超えても本名が出てくるのは数えるほどしかないので、読者が主人公の本名を覚えられるかどうかは微妙である(特に重要でもない)

全員で5人の人格が存在する。

レッド

松岡輝赤の人格の1人で、この体の主な人格。とは言っても一番出番が多い…訳でもなく、ただのいい人なので格好がつかない場面が多い。

顔は通常、髪も下がる

武器は片手剣

グリーン

人格きっての秀才…だが人格の中で記憶などは共有できてしまうので、実質的に能力は同じである。

本人曰く「発想の違い」らしい。

性格はワガママで乱暴、良くも悪くも男女平等だが、暴力になると途端に弱くなる…ということが多い。

最終的に1対1で誰かと戦ったら、恐らく赤子にも負ける超超不運体質。ただし戦闘に限る

彼になると髪が若干トゲトゲしくなり、目つきが鋭くなる

武器は徒手空拳

イエロー

人格は好々爺、「〜ですな」などが特徴。精神年齢が1人だけ70代ぐらいなのと、どこから仕入れて来たわからない様々な武術への精通っぷりが特徴で、潜入捜査などもお手の物。

スタミナやパワーなどは他人格に一歩劣る、いや、体同じだろと思うが恐らく精神的なもの。

武器はナイフ系

普段よりも遥かに穏やかな顔つきになるが、非常時に見せる顔の怖さは人格最恐

ホワイト

パワー系オネェ、本編に出るのが人格史上最も遅い。

髪が若干パーマになる。超クルクルヘァ〜

武器はハンマー系。

ピンク

精神年齢3歳児。

しかも女の子、しまつに負えない。

目が大きくなる、髪がサラサラヘアーになる、

[異世界で出会う人々]

コレット

今作の1人目のヒロイン、赤毛が特徴の16歳

アストルフ家の3女、おてんばな性格が幸いして事件に巻き込まれてしまう。

この世界では希少な魔法の使い手である。

カミーユ

アストルフ家に使える騎士。20代後半〜30代前半という若さで騎士隊の隊長についている有望株。

顔は普通。

アストルフ伯爵

ケイアポリス王国伯爵位、王国では経理担当、なお非常時に限る。戦闘などの有事を全て親戚のモードレッドに任せて来たため、荒事にとても弱い。

16歳の娘がいるが、それにも関わらず若い。異世界始まって以来のモンスターと作者に恐れられている。

身長180センチの偉丈夫ではあるが、それを支える体がない。つまり典型的モヤシ

モードレッド

謎の男

山の神

今は不明、本編で確認してみて下さい。

それでは多重人格者の異世界転移、始まります!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーー

ーーーーーー

ーーーーーーーー

ーーーーーーーーーー!!

男は、覚醒した。

風の流れが頬と顔を凪いでいる、冷たくも凍えはしない優しい風の感覚を覚えた。

その風を心地いいと感じながらも、私は時系列に対し違和感を覚える。私の最後の記憶は、信号無視の車にぶつかり、意識を失ったはずでは?

それが何故、何もない草原で1人立ち尽くしているのだろうか。私はそう思い身の回りの確認をしだした。川の鏡で服装は跳ねられるギリギリまでと同じだ、いつも通りのスニーカーとズボン、上は赤い上着を羽織っている。

顔もいつも通り、ありふれた普通の顔と、短い髪は健在だ。少し下がっていた髪を、クロ…そう自称する男はかきあげた。髪は前髪から全て後ろに持ち上がる髪型になった。

バックにはいつも通り勉強道具などが入っている。あとはチョコを始めとしたお菓子類である、あ、これ用意したの絶対ピンクだろ。お菓子ばかりが入っているぞ。

自分の体を確認してみる。車に跳ねられたと言うのに、血も何もついていない。全くの無傷である。明らかに異常事態だ。普通あのスピードの車に跳ねられて無傷で、しかも草原で寝転がってるなど可笑しいとしか思えない。

「ここは…一体どこなんだ?」

1人自問自答するも、答えはどこからも返ってこない。

さて、私もいつまで意識を保っていられるかわからない、目覚めるまでに主の安全ぐらいは確保しておかねばな。そう、クロは意識を切り替えた。街へ向かおうと、草原を真っ直ぐに歩く。

はて、東京にこんな大きな草原なんてあったか?

その草原は、都会育ちの私にはとても見慣れないようなほど綺麗な草原であった。綺麗に生い茂った緑、そして、そこに生存している虫でさえ、子供の頃外で遊ぶことが多かった私でさえ見慣れないものだった。

というより、全く見たことがないのだ。もしかしたら新種なのかもしれないな。捕まえたい、とそう思ったが、がうるさいだろうな、と感じて諦める。せっかくの新種なのに、もったいない。

この虫たちも、後々嫌になる程見る羽目になるのだが、クロはまだ、そのことを知らない。

草原をまっすぐ突っ切って行く途中で人の声が聞こえたので、そちらの方に向かって歩くと、子供達が複数人遊んでいる声が聞こえた。

私は子供の1人に話を聞く、

『すまない、ここは何というところかな?』と。

『ここは「セリル」という村だよ』

うーん、知らん!なんだその村の名前は!ってかもはや漢字とかじゃないんだな。

私はその子に国の名前を聞いてみた

『??ここは「ケイアポリス」だよ。お兄ちゃん田舎から来たの?国の名前も知らないなんて…旅人かなんかなの?』

私は適当にその質問に対して返し、バックに偶然あった飴を子供にあげて駄賃がわりにした。子供は飴に酷く驚いていた。

おかしい、私の知る限り(もっとも知力には自信がない、アイツの比べられてもな…)そのような都市も国も知らない。

そして車への衝突?それで無事だというのが可笑しいという者だ。

まさか、自分は全く知らない世界に飛ばされてしまったのではないか?

そう思うと、自然と武者震いがする。

、自分は元いた場所には興味がない。自分の立場としていつも縛られ続け、思うがままに生きるという自分の生き方に反することが多かった。

他のメンバーはどうだろうか、グリーンは頭を抱えそうだな。アイツは本を読んでるだけで十分な男だ。イエローはどうだろう。ピンクは…アイツはどこでも生きていけそうな気がする。

子供達に教えてもらった道をそのまま行けば街に着くはずだ、

あとノートも書いておこう。

このノートは人格がそれぞれ自分の起こったことなどを書いておくノートだ。私はいつも記憶をのぞいているのだが…他の奴らは違うからな…

面倒だが、異常事態だ。やるしかないだろう。

道で倒れているのは少し目立つので、私は道なりから少し外れたところの木の上で休む。

さぁ、次は誰になるのだろうか。そう考えながらも、クロの意識は闇へと包まれていった。

《感想》

この小説はくろこんさんの処女作でしょうか。

もしもそうなのでしたらこの小説の作者さんは作家になるための才能が備わっているのではないか? と思いました。

現段階ではまだ作者さん自身に小説の知識が少ないようでして、字下げは行われていないし小説のルールは基本的に無視って感じです。

ただ、それでも世界観や情景の伝え方をこの作者さんは理解しています。

もし自力で編み出したのだとしたら相当すごいことです。もう少し自然な感じで世界観を表せるようになったらさらにいい感じになることでしょう。

そしてなによりすごいのはその発想力です。

一人の主人公からいくつもの個性が、発揮されるシーンは見ていてなかなか飽きるものではありません。

ただせっかくの発想力も、まだまだその力を100パーセント発揮できていないといった感じです。

発想力と文章力、さらに見やすさや小説のルールを兼ね備えて初めて書籍化する可能性が出てくる世界――それこそがweb小説界です。

能力の名前なんかも細かく設定されていますし、設定自体は使い回しで問題ないと思いますのでくろこんさんには修行(笑) ののちに書き直してみて欲しいですね。

【追記】

あらすじを後になって呼んで気がついたのですが、処女作と書いてありましたm(_ _)m
↓は小説ルールに関する記事です
【小説の書き方】書籍化したいなら守ってくれ! 小説の基礎ルールを再確認
【小説の書き方】120人に小説のルール(書き方)について聞いてみた! 本当に小説のルールは守るべき?

管理者のツイッター
バミトントン 管理者のツイキャス
バミトントン ツイキャスでは時に小説関係のお話を。時にくだらない羽目外しな企画を行っていきます。

プッシュ通知を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です