紙の本VS電子書籍 紙媒体は衰退しちゃうの?118人にアンケート

紙の本(紙媒体)は衰退しちゃうの? これからは全て電子書籍? そんな疑問が浮かんだので、今回は紙の本の未来について話していこうと思います。

最近小説を電子化する技術(電子書籍)が発展してきています。

ついには電子ペーパーなるものまで発売される始末です。

このままじゃ紙の本は近いうちになくなっちゃうんじゃないの?

そう思っている皆さんはぜひ最後までこの記事を読んでみてください。

118人のアンケートデータをもとに紙の本の未来を考察していきましょう。

紙の本には未来がない?
紙媒体の未来を予想してみた

電子書籍とは?

この記事(ラノプロ)を読んでいる方はコアな読者層の方が多いと思いますので

今回は簡単な説明のみ引用を利用してさせていただきますね(´∀`*)

《electronic book》電子化された書籍データ。紙に印刷するのではなく、スマートホンやタブレット型端末、パソコン、専用の電子書籍リーダーなどにデジタルデータを取り込んで閲覧する。データの形式にはPDFやJPEGのほか、EPUB、XMDF、.book(ドットブック)などが使用され、文字以外に動画や音声を再生できるものもある。 出典元:デジタル大辞泉

いつも辞書から引用するときは自身が所持している電子辞書を利用するのですが、

今はインターネットでもデジタル大辞泉を利用できるのですね!

本当に驚愕の事実ですw

電子書籍と紙の本どっちが人気?
118人のアンケート結果

結果発表

今回、ツイッターのほうで

「電子書籍と紙の本ならどちらの方が人気なのか」

というアンケートを24時間わたって行わせていただきました。

その結果は以下の通りです。

かなりはっきりとした結果が出ましたね。紙の本派は88パーセント、電子書籍派は12パーセントですか……。

電子書籍派のコメント

電子書籍の方が好きだという方からはひとつもコメントを頂いていません(^_^;)

紙の本派のコメント

どうしてこんな結果に? 

ではどうしてこのような結果になったのか、メリトットデメリットを分けて考察していこうと思います。

紙の本(紙媒体)のメリット

  • ページをめくる感覚が読んでいる感を引き立ててくれる
  • 電子版は発売日に発売されないことがある
  • 栞を挟むことができる
  • 目が疲れにくい
  • 物理的な本棚になれべることができるため達成感がある

紙の本のデメリット

  • 持ち運べる量に限りがある
  • 購入した本の置き場で場所を取ってしまう
  • 暗闇の中で読むのは困難
  • 基本的に水に弱い

電子書籍のメリット

  • 家から一歩も出ずに買い物ができる
  • 暗闇でも読める
  • ひとつの端末を持ち運ぶだけでいくつもの本を持ち運ぶことと同価
  • 水に強い(端末による)

電子書籍のデメリット

  • 読んでいる感覚が薄い

  • 読後感が少ない

まとめ&結論

こうして考えてみると電子書籍って意外と便利なんですよねー。
今は紙の本に慣れてしまっていて電子書籍では読んでいる気がしない! などのデメリットが目立ってしまいますが、それも時代が進み電子書籍がもっと一般的になってくれば言われなくなることでしょう。
結論として紙の本はしばらくの間なくなることはないでしょう。

古くからの馴染みを大切にするのが日本人ですから、もしかすると電子書籍が主流になるのも日本では相当先な話になるかもしれませんね。

プッシュ通知を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です