もう疲れた! そんな人におすすめ。『ラヴィアンローズ―カクヨム』

おすすめweb小説紹介

《作品タイトル》

ラヴィアンローズ

《作品情報》

作者“ヒロタカリュウ

 

作者のマイページ
作者のTwitter

 

あらすじ

二十一世紀初頭。不幸が重なり大切な人達を全て失い、一人生き残ってしまった青年、平井真。拠り所を失くし自殺を決意した彼は、ある日雨の中で、初恋の女の子にそっくりな女子高生に出会う。
彼女はいった。
「全てをやり直せるとしたら、あなたはどうしますか?」
気が付いたとき、彼の住む世界は五年の時を遡っていた。

全てを取り戻せると、そう思っていた。
──彼女が記憶喪失だと知るまでは。

ジャンル

恋愛

キーワード

20世紀 初恋タ イムスリップ 記憶喪失 超常現象 青春 高校生 純文学

掲載日  

 

2018年6月24日

《第一話特別掲載》  

 ”愛されることは幸福ではなく、愛することこそ幸福だ”。

 ──ヘルマン・ヘッセ『愛することができる人は幸せだ』(岡田朝雄-訳)

 ある日娘の課題を手伝うことになった。

 曰く「人生を年齢別で色に例える」というテーマの、道徳の授業だそうだ。どうやら、授業参観で発表するものらしい。

 鮮やかな赤は、情熱。わんぱく。青は清潔で爽やか。だとしたら、緑は青春。白は何でも吸収し、黒は何ものにも染まらない。

 僕の人生はまだ30にも満たないけれど、それでも、これだけ生きていると人生いろいろあるものだ。僕は頭の中で、これまでの人生を一年ずつ切り分けてずらりと並べてみる。中にはどす黒い色をした年もあれば、極彩色に輝いて見えるものもある。あるいは、鮮やかな赤と緑が入り混じった、不思議な色なんてものもあった。

 極彩色に輝いているのが1992年で、見るのもおぞましいほど黒く塗りつぶされているのが2001年。そして、不思議な薔薇色をしているのが、1996年だ。ただし、1996年はふたつある。片方は濁った灰色をしている。きっとこれは、僕にしかない人生の色だ。

 人生に色をつけるとしたら──か。

 風鈴の音が鳴った。あれはちょうどこんな暑い夏の頃の話だ。

 僕はこれから、不思議な夏の、恋の話をしようと思う。

 あれは一目惚れだった。小学6年生の、あまりにも幼稚な恋。それは1992年、桃色の桜が咲き誇る春頃に始まって、それから約3年後、枯れた花弁が散る初冬を迎える頃に終わった。

 ***

「今日もありがと、真くん」

 高級マンションの一室の玄関先で少年を出迎えた小柄な少女は、花を咲かせたような笑顔を見せてそういった。

「ごめんね、私が病気じゃなかったら、月曜日も一緒に学校に行けるのに」

 少年は首を横に振ると、藍色のランドセルからA4サイズの封筒を取り出し、少女に手渡した。その日、小学校で配布されたプリント類がまとめられたものだ。

「……その病気って、なんなの?」

 ふと、少年は気になっていたことを聞いてみた。彼女は毎週、月曜日になると決まって通院のために学校を休んでいた。少なくとも彼が知る限り、6年生の始業式の日から、それはずっと続いている。

 その問いに少女は一瞬ぱちくりしたあと、んー、と指を顎に当てた。

 少年はそんな一動作をずうっと眺めていて。暫くして、彼女は事もなげに言った。

「よく、わからないの。原因不明の、新種の病気らしいってママが言ってた。だから、いつ死んじゃってもおかしくないんだ」

 その言葉は、間違いなく少年の心を大きく抉った。まるで少女が目の前から消えて居なくなってしまうかのように錯覚させた。

「……そんなに心配しなくても大丈夫だよ。今はほら、こうして元気だし」

 彼女はそう言って健気に笑った。少年は何もできない自分に腹が立って、気付けばこんな言葉が口をついて出た。

「僕が、将来医者になって、その病気を治して見せるよ」

「え……?」

「約束する。それで、治ったら……」

「……?」

 僅かな間があった。けれど何十秒も、何十分も見つめ合っているような気分だった。少年は目を逸らし、諦めたように首を振った。

「なんでもない。おやすみ、橘」

「……うん。おやすみなさい、真くん」

 少年は、少女に恋をしていた。それは小学生の、あまりにも幼稚で純粋な恋。

 ただし。

 残酷なことにもそれは、負け方を競う恋だった。

 彼はそのとき人生の中で、幸せの絶頂にいて。

 つまるところ、これから先──彼の人生は、転落の一途を辿ることとなる。

《感想》

この小説は、素直に言ってライトノベルではないでしょう。

(↑そもそも誰もライトノベルとは言っていないw)

どちらかというとメディアワークス文庫系です。

純文学と書かれていますが、メディアワークス文庫がお好きな方なら面白いと感じると思います。

世界観とレベルの高い表現の仕方が見事にマッチしていて作品のテンポをうまく作り上げていました。

偶然管理人の好みだったというのもあるのですが、素直にカクヨムに放置されていてはもったいない小説だと思います。

控えめに言ってweb小説の領域を軽く凌駕していますね。

なにより管理人が大好きな部類の小説だったので、今すぐ商業デビューして新作を店頭に並べていただきたいです(笑)

「精神的に疲れていて、何かしらの本を読みたいけど特に候補がない」

なんて方にお勧めの小説です。

そのような方がもしこの記事を読んでいましたら、ぜひとも読んでみてください。

 

管理者のツイッター
バミトントン 

プッシュ通知を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です