ラノプロ史上初のゲームブック『護国記』

web小説紹介

《作品タイトル》

護国記

《作品情報》

作者“波刀風 賢治 (著)”

 

作者のマイページ
作者のTwitter

 

あらすじ

一大叙事詩とも言える大長編ゲームブック。
剣と魔法が支配する“高ツ原五国”を舞台にした王道ファンタジーだが、そんなありきたりな表現で終わらせてはいけない破天荒な問題作。これまでインディーズで数十作品のゲームブックを書き上げてきた21世紀のゲームブック作家の一翼たる筆者が、構想10年、執筆に丸2年をかけて完成させた会心の一本をひっさげ、幻想迷宮書店に殴り込みをかけた。

読者であるあなたは、何の力もない一介の文官ライゼ=インカルナの目を通して、人間なら誰でも持つであろう感情をもとに当たり前に行動する主人公に共感し、場合によってはあまりにも身の丈に合わない世界の危機に直面することになる。

幸運にも、物語の深淵に到達することができたなら、あなたは通常のゲームブックではありえないほどの深い没入感を体感できるだろう。

“ナンバーレスパラグラフ”、“シームレスフラグシステム”など数々の新しい試みにも、筆者の溢れんばかりの創造性とオリジナリティをまざまざと見せつけられる。シンプルながら丁寧に練り込まれた設定の積み重ねが感じさせる世界観の奥行き。何百万字と綴ってきた筆力が紡ぎだす深みのあるキャラクターたち。研鑽を積んだゲームブック職人としての技術と、小説家としての描写力の融合を、高い次元で表現してみせた筆者のゲームブック作家としての集大成を味わい尽くしてほしい。

ジャンル

ハイファンタジー

《感想》

小説にゲームが組み込まれた状態というのは、多少なりとも違和感を感じますね。

ただ述べるゲーム気分で味わえるこの感覚は、やっていて非常に面白かったですし、何より電子書籍とゲームブックの相性の良さに感激してしまいました。

管理人は普段からゲームブックに触れていて、ゲームブックについての知識ならだれにも負けない! とかそういうんじゃ全然ないのですが、通常のゲームブックと比べてみると電子書籍のゲームブックはプレイヤー側の手間がかなり省けており、気軽さが増しているような気がします。

突然ゲームオーバーになったときは若干悔しく感じますけどね(笑)

ゲームブックについて、管理人は何か口出しをするには知識量が不足しすぎていてとくに感想らしい感想は言うことができないのですが、とりあえず言えることとしてはこの作品は結構ゴリゴリのハイファタジー作品です。

竜なんかも出てくる中世風世界観のファンタジー作品ですので、創造力豊かの方は冒険している感? があってかなり面白く感じると思います!

ゲームブック未経験の方もぜひ一度試してみてはどうでしょうか。

管理者のツイッター
バミトントン 

プッシュ通知を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です